訃報のお知らせ 助田篤郎さん(大阪謄写館・孔版画家)

ニュース

福井県鯖江市の大阪謄写館、助田篤郎(すけだ あつお)さんが、2022年3月21日に逝去されました。葬儀は近親者で執り行われます。

 助田さんは、1954年生まれ。先代父、茂蔵さんの次男として生まれ、大阪謄写館を引き継ぐと同時に、茂蔵さんの描く野の花の絵を美しい多色刷りの孔版画制作を二人三脚で、茂蔵さんの亡き後も続けられ、私家本など多くの素晴らしい仕事を残されました。謄写版黄金期を生きた茂蔵さんの背中を尊敬し続けられ、磨かれた助田さんの孔版技術は崇高なほど美しく、心を込めたお仕事を拝見するたびに、あたたかなお人柄が偲ばれます。深く感謝するとともに心よりご冥福をお祈り申し上げます。